健診結果の見方・対策どう見る?どう読む?健診結果

健診結果の見方・対策

どう見る?どう読む?健診結果

<提供> 株式会社保健同人社 <監修> 和田高士(東京慈恵会医科大学 客員教授)

健康診断の検査結果はどこも「異常なし」と安心しているあなた、昨年のデータと見比べてください。
どこかに変化は見られないでしょうか?
数値が悪くなっているのは、加齢のみならず生活習慣に問題があるかもしれません。
健診は、自分の体の変化や現在の健康状態を知る絶好のチャンスです。気になる数値があれば、生活習慣を見直して改善し、健診をその後の生活に上手にいかしましょう。

健診結果の見方 健診結果の見方

健診結果はあなたの体からのメッセージ。だからこそ、書いてある内容をきちんと理解しておきたいものです。健診で自分の体の状態を知り、生活習慣の改善に役立てましょう。

基準範囲や潜む病気をチェック!
「健診の項目別ガイド」

年代別おすすめオプション検査 年代別おすすめオプション検査

人間ドックの診断精度を上げるために、オプションや専門検査を組み合わせることも大切です。何歳頃にどんな検査を受けたらよいか、男女別、年代別のオプションの目安をご案内します。

基準範囲や潜む病気をチェック!
「オプション検査の項目別ガイド」

<利用上の注意>
基準範囲は、検査機関・検査方法によって異なる場合があります。
ここでは、日本人間ドック学会が定めた基準範囲を中心に紹介しています。
なお、健診結果を理解し健康保持・増進にお役立ていただくための参考値として基準範囲等を掲載しております。
そのため、生命保険のお申し込みの際、当サイトに掲載している基準範囲内であっても条件付にて保険契約を
お引き受けする場合や保険契約のお引き受けができない場合がございます。あらかじめ、ご了承ください。

関連コンテンツ 関連コンテンツ